老後2000万円が不安な方へ

老後2000万円が不安な方へ

フランチャイジーを始めたいと思っている人には様々な人がいると思いますが、老後の資金に不安を抱えている人は多いのでは無いでしょうか。

しかし、しっかりとした収入を確保すれば老後のことを心配しながら生活する必要はありません。

老後2000万円問題とは?

老後2000万円問題が大きな関心を集めており、「2000万円貯めなくてはならないの?」といった不安が広がっています。

副業をしたいと考えている人がそれだけのお金を貯蓄するのは現実的では無いと感じているかもしれません。

むやみに不安になる必要はないかもしれませんが、まずはその内容についてみていきましょう。

発端になった報告書

老後2000万円問題の発端は、金融庁の金融審査会がまとめた報告書です。

ここで計算されたモデルケースが夫が65歳以上、妻が60歳以上の無職世帯における平均的な実収入は月額約21万円ですが、消費支出は26万4000円ほどになるとみられています。

つまり毎月約5万円の赤字が出てしまい、30年間で、1800万円の赤字が出てしまうため、これを貯蓄しておかなければいけないという話が一人歩きしてしまいました。

平均値に基づいた一例

実は老後資金の不足は以前から指摘されていたことであり、決して目新しいものではありません。

今回の話題になった2000万円あくまでも平均値に基づいた一例のため、過度に心配する必要はないということはわかります。

また、平均値は大きな数字に引きずられやすいため、必ずしも実態を表したものとはいい切れません。

そもそも持ち家なのか、賃貸なのかというだけでも月々の出費は変わってきますし、どのような生活レベルを送るのかも一概には言えませんよね。

必要なお金は人それぞれ

老後にいくら必要かというのは、人それぞれなのでそこまで気にする必要は無いと思います。

大切なことは、貯蓄はできるだけ早く始めたほうが効果的だということです。

現代は、平均寿命が伸びて「人生100年時代」とも形容される超高齢社会への突入が予想されています。

これからは高齢になっても働けるうちは働きたいという人も増えてくるのでは無いのでしょうか。

そうなってくれば、もちろん老後のために用意しておくべき資金も人よりは少なくても問題ありませんよね。

若い人でも定年後の人でも、フランチャイジーは何歳でもできるので、これまで貯めれなかった人は今から稼げば良いだけの話だと思います。

TOPページを見る